玉出にて、昭和のはじめに祖父が眼科を開設し、 現在、3代目の院長として、学校医をはじめ、地域医療に貢献して行く所存です

診察内容
結膜炎、白内障、緑内障、糖尿病網膜症などの検査をおこない、必要なときには専門医療機関に紹介します。
調節けいれん、眼精疲労には、ワックという器械を使用できます。
斜視,弱視のために、予約検査は一度診せていただいて、現在は火曜の午後に詳細な検査をさせていただいています。
コンタクトレンズは随時処方しています。

資格
日本眼科学会専門医、日本医師会認定産業医
大阪府医師会指定学校医、日本コンタクトレンズ会員